宿泊業の現状

宿泊業事情 旅館

宿泊業の現状

更新日:

宿泊業の現状について

 

現在旅館・ホテル業共に人出不足になりつつあります

人出不足と言いましても【有能な人材の人不足】です

誰でも良いなら話しは別です・・

まぁどこの接客業にしてもそうなのでしょうけど^^;

 

特に旅館は顕著ですね・・何故なら業務が多い・キツいからです

中には良い職場もありますが特に規模の小さな旅館はマルチタスク型になっていて

チェックインから清掃、食事出し、チェックアウトまで全て担当するような所が多いです

それでいて基本、

給料が安い・残業時間が長い・キツい

良いところ無いですよね(笑)

ただ賄いが付いていたり寮に安く入居出来たりと生活面でのサポートがある会社は多い気がします。

それでも・・・って所が多いですよね。宿泊業に就いている方はお分かりかと思います。

なので転職する人が格段に多い業種とも言えるでしょう。

ホテルより旅館の方が顕著だと思いますね・・

 

給料安い・キツい・残業長い・・その上に人間関係最悪となれば辞めるでしょ(笑)

旅館は温泉があったり観光地に基本あるので交通の便が不便でしたり周りに飲食店がなかったり所謂【田舎】に立地している場合が多いので
そんな環境もプラスされれば・・選択肢は辞めるしかありません

それでもちゃんとしている場合はちゃんと「退職届け」出して事前に退職する旨を伝えて辞めます

けど旅館業では急に居なくなる場合(旅館用語で飛ぶと言われてる)が目立ちます

劣悪になればなるほど確率は高くなり、その結果しわ寄せが来て機嫌悪くなり新しく来たスタッフに当たりまた辞めると言った

負のスパイラルが完成されます。

 

旅行先で「授業員がバタバタし過ぎてるな」「繁忙期なのに従業員少ないな」「従業員疲れてるのか」と感じた事はありませんか?

あればそんな事件が裏で起こっている確率高いですよ・・繁忙期は前もってバイトなりパートなり採用して対策をとるのですが

劣悪環境だとそのバイト・パートでさえも飛んでしまいますので

そんな旅行先には出来れば行きたく無いですよね・・・そんな場所を分かりやすく探せる方法を次回教えます^^

 

 

広告リンク

広告リンク

-宿泊業事情, 旅館
-, ,

Copyright© START JOURNEY , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.