予約時の宿泊料金の差

旅館 旅館事情

予約時の宿泊料金の差

更新日:

今回は宿泊施設事情に関してひとつ

最近頻繁にCMなどで見る「トリバゴ」などの料金比較サイト、私は「トラベルコ」は昔から知っておりましたが「トリバゴ」は最近認知しました。
と言ってもトリバゴはテレビCMに露出する前にネットの動画CMにバンバン出てましたね・・
綺麗なお姉さんが出ているなぁとお気に入りでした(笑)
気づくといつの間にかテレビCMに進出しておりまして(^^;)
元は海外のサイトなので現在はCMで認知度上げてるみたいですね。
海外ではお馴染みな手法で、綺麗な女性やイケメンを出してCMの効果をアップさせてるみたいですね^^
業界の方にお聞きしましたが売上げのほとんどをCM販促代につぎ込んでいるとの事・・
狙い通り知名度は定着しつつあります

とは言えなぜこのような料金比較サイトが成り立つのか不思議に思う方もおられるのではないのでしょうか。
と言うかなぜ料金を比較出来るほど料金がバラバラなんだよって思っている方も多いのでは?

まず、基本料金と言うのがどの施設にもあります。
細かく話しをすると長くなるので細かい話しは次回書くとして大まかに話しを進めて行きます

例えば1室当たりの販売価格を「1万円」と設定しましょう。
これを2名で利用なら一人あたり5千円になります。
要は1万円以上で1室借りてもらえば宿泊施設としてはOKな価格になります
これを例えば自社HP(宿泊施設が直接作ってるHP)から販売するとしましょう。
これは先ほど決めた1室1万円の価格(2名利用時1人5千円)で出しましょう

ではじゃらん・楽天トラベルのような予約サイトからの予約もこの値段で出しますか?
単純に考えると同じ価格で出しても良さそうな感じですが、
このような予約サイトは当然ながら成立するには【利益】が必要です、ですので予約が成立した宿泊料金の
何%もしくは十何%を手数料として宿泊施設から回収します。

すなわち1万円で予約成立した場合宿泊施設に実際入る売上げは9千円ほどになります。
同じ利益にしようとすると自社HPより予約サイトの販売価格を上げる必要が出てきます。
その為販売価格に差が発生します。
その差を見抜いてしまおうと言うのがトラベルコやトリバゴのような検索サイトですよね。
ホテル版の価格.comのようなもんでしょうか(笑)

とは言えそんなに差を出していない所もありますし逆に予約サイトの方が安いって場合も少なくありません
そういう場合は施設側がこの予約サイトを「広告」と考えているからなのです。
予約成立の手数料も広告費として考えれば安いという考え方ですよね。
予約サイトで予約が伸びればその分宣伝にもなりますしクチコミで高評価を得れば良い広告となります

逆に広告費なんか払いたくないいいい
と言う施設ならば自社HPをベストレート価格(最低価格保証)に設定して
バンバン自社HPから予約を取ればOKなのです。

逆に自社HPからの予約だと広告にならんと言う施設は、逆に自社HPでの予約料金を高めに設定して
予約サイトからの予約を誘導すると言った方法もあります

広告リンク

広告リンク

-旅館, 旅館事情
-, ,

Copyright© START JOURNEY , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.