平日料金ななぜ安い

旅館事情

平日料金ななぜ安い

更新日:

題名の通りなのですが平日と休前日(土・祝前日など)の宿泊料金が違うのはなぜ?

と思う方も多いでしょう、私も思っていましたし今だに思います(笑)

簡単に言えば需要と供給のバランスでレベニューマネジメントの一種ですかね。

 

平日料金が安いわけではなく休前日の料金が割り増しって事です。

割り増しって言うと何か悪い意味みたいですが決してそんな事では無く需要があるので料金を上げて売上げを増やすのです。

通常の商品とは違い客室は翌日に持ち越す事の出来ない商品でもあります。

客室が埋まらなければその日の客室は廃棄して、また翌日客室を準備するみたいな感じです(分かりにくいですかね・・・(笑))

なのでお客様が入る日は利益の最大化を目指して料金を上げる感じです。

なので料金が上がったっからと言って平日よりもサービスが付加されているかと言えばそうゆう事はありません。

むしろ宿泊施設としては平日、お客様が入らない日を埋めたいので平日の方が「平日限定」「平日特典」など

サービスが付加している場合が多いです。

 

理想は365日同料金で、同じくらいお客様が入ってくる宿泊施設が理想ではあります。

ただそれを無理にしてしまうとどこかに歪みが出てしまい逆にサービスの低下になってしまいます

休前日は高いけど他にもお客さんがそれだけ泊まりたいと思っている日でもあるのです^^

そう考えると予約が取れなかった人もいると言う事なので優越感はありますよね(笑)

広告リンク

広告リンク

-旅館事情
-,

Copyright© START JOURNEY , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.