オススメ温泉地~新平湯温泉~

温泉

オススメ温泉地~新平湯温泉~

更新日:

オススメの温泉地と言う事で記念すべき第1弾目は私の一番好きな温泉地を・・・

温泉好き、山好きの方はご存じでしょうけど

奥飛騨温泉郷

その中でも奥飛騨の奥地にある

中尾温泉

私の中ではナンバーワン!!

一番肌にも合うしのんびり出来る♪

 

しかし今回一番最初に紹介するのは奥飛騨温泉郷にある

新平湯温泉

ここは外せない私の宿泊業の第一歩の場所ですのでまずこの新平湯温泉から・・・

 

奥飛騨郷に一番最初に行ったのは15年程前、その時は新平湯温泉の宿に泊まり(このブログのプロフでもちょこっと書きましたが)

その時に温泉嫌いから温泉好きに変わりました^^

宿泊業で働きたいと思わせてくれるキッカケにもなった私のターニングポイントでございます!

 

なぜ奥飛騨温泉郷に行ったかと言いますと、大阪在住時に営業職をしており気分的に疲れていたのでどこかでのんびりしたいな・・・

と言う思いから【じゃらん】のサイトで宿選びを開始しました。

その頃は賑やかな温泉地に苦手意識が強かったので「静かな場所」ってのを最優先で考えまして決めた宿が

新平湯温泉【宝美館】

客室6部屋(現在は4部屋限定になってます)とこじんまりしている・お風呂も貸し切りで入れる・温泉に夜中も入れる

と条件的にピッタリでした!

とは言え初めて行く地で、当時は旅行も慣れておらず宿は決めたものの行き方が分からん(笑)

行ったことある方は分かると思うのですが直接電車や新幹線が通ってるような場所ではないので・・・バスはあるが当時バス酔いが激しく・・

なるべく電車で行きたいと思い大阪駅から高山市までは電車で行ってそこから新平湯まではバスで行くことに決定しました。

※この時はバスにしたのですがその後からはレンタカーで移動した方が観光には良いとなり、奥飛騨2回目からはレンタカーにしました。

 

冬場に行ったのでとにかく寒かったのを覚えています・・・大阪とは比べものにならないほど(^^;)

今は慣れましたが当時は山に行くことすらなかったので新鮮な体験でした。

標高的には1000m超えくらいですので「空が近い」ってのが第一印象でした。

とにかく寒いのですが館内はポカポカ♪

女将に伺ったお話ですと温泉を利用して床暖房をしているみたいでした。

その時は知らなかったのですが寒さ厳しい地区の方が室内は暖房対策しっかりされているみたいで、外は極寒でも中はとても暖かい所多いみたいですね。

 

ここは家族経営と言うか夫婦でやっておられるみたいでとにかくチェックイン後はほったらかしにしてくれました^^

フロントに誰もおらずこちらからアクション起こすまでは自分の家みたいに自由に気兼ねすること無く出入り・・・・

これぞ私の求めていた「宿」って感じで感激したのを覚えています。

そんな感じなのですがチェックインすると机の上に「●●様いらっしゃいませ」とメッセージ入りの紙が・・・

ちゃんともてなしてくれているんだなぁと感じました。

それがあったからこそ私も「こんなおもてなしをしてみたい」と思えましたし奥飛騨が大好きになりました^^

 

温泉は柔らかく成分のキツさも感じない良い感じで温度も丁度良い・・・何より「貸し切り」がたまらん・・

奥飛騨温泉郷はペンション的な旅館も多く「貸し切り」の温泉が多いのが後々分かり更に大好きに(笑)

 

食事はボリュームがあり奥飛騨名物「朴葉味噌」「熊の肉」など楽しめました。

しかしこの朴葉味噌・・・最初は独特の香りに慣れず苦手でした、今は大好物ですが(笑)

熊の肉はクセありますね・・いまだに慣れてはいません。。

 

夜は歩いて冬期ライトアップされている「たるまの滝」を見に・・・現在はハートのモニュメントなどがありガチャガチャしてますが(笑)

以前はスッキリシンプルに真冬の凍った滝を見るって感じでした^^

私はガチャガチャしてる方が好きですけどね(笑)

 

とにかくゆっくりのんびりあまり賑やかで無いところを好みたいのな奥飛騨温泉郷のペンション系旅館をオススメ致します。

料理や温泉貸し切りが付いててもかなりお安く泊まれますしね・・・ただこの辺りも訪日旅行客が増えていますので春節などの日は外した方がよいと思います・・

広告リンク

広告リンク

-温泉
-,

Copyright© START JOURNEY , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.