インバウンドの現状を4項目にまとめてみた

宿泊業事情

インバウンドの現状を4項目にまとめてみた

更新日:

インバウンドの現状

★ インバウンド特需

近年インバウンド(訪日外国人旅行)ブームになっている日本の観光業界

日本政府観光局の発表によると

2017 年 8 月の訪日外客数は、前年同月比 20.9%増の 247 万 8 千人。2016 年 8 月の 204 万 9 千人を 42 万人以上上回り、

8 月として過去最高となった

とあります。

2017年の1月~8月の累計でも前年比17.8%増の18,916,200人

着実に増加の一途を辿っており政府が立てている

【2020年の東京オリンピックまで4000万人の訪日外国人】

も現実味を帯びて来ております

★インバウンド客はどこへ

訪日外国人は一体どこへ観光に行っているのでしょうか

上位は東京、千葉、大阪、京都、福岡、神奈川、愛知、北海道、沖縄と

お馴染みの都道府県が並んでいますね

ディズニーランド・USJや観光資源のある場所に集中しているのが分かります

そして訪日外国人に満足調査をした結果も良い感じでほぼ満足・再訪したい

と言う結果になっています

★ブームではいけない

果たしてこのインバウンド景気がいつまで続くのか・・・

そこが一番気になる所であり一番気をつけ無ければなりません

2020年には東京オリンピックが控えているのでそれまではこの流れは

変わることは無いでしょうがその先が問題です

現在訪日外国人の満足度は前記したように非常に高いものとなっております

しかしそれは果たして額面通りに受け取って良いのでしょうか

宿泊施設によっては言語が通じない場所も多いです

スタッフ教育の機会や制度が急務に思えます

かと言って現在多言語が話せるスタッフが日本らしいおもてなしを出来るかと

言えば疑問符がつきます

多言語が話せるが故に思考も外国よりになり接客も日本らしさが薄れてる場合も

ちょくちょく見かけます

和の心を持ちつつ多言語能力を身につけていく、なかなか難しい課題ではありますが

官民一体となって取り組んで行かなければブームのまま終焉を迎えてしまい

そうなってしまえばインバウンドを見込んで乱立し始めた都市部の宿泊施設が

崩壊を迎えてしまい経済の混乱を招いてしまう気もします

★適切なインバウンド対策

日本人の国内旅行者にも目をやりつつインバウンド対策をしていかなければならない

昨今ですが、どちらもバランスを保たなければなりません

日本人旅行者の方にばかりになればインバウンドの恩恵を受けれませんし

インバウンド対策ばかりしていればインバウンドが減少に転じた時

一緒に収益が減少に転じてしまいます

そう考えると日本人観光客に支持される宿泊施設がベースであり

そこを目指してくるインバウンドのお客様の対応の対策をすると言う事が

自然の流れでもあると思います

しかし「スタッフの多言語化と言われても今更無理だよ」とおっしゃる

経営者支配人の方もおられる事でしょう

別にネイティブ並の言語を取得する必要は無いのです

最近は翻訳用のアプリ等もある便利な世の中になってますのでそのような物を

活用するのも一つの手段ですし、対策用の接客英語を何項目か出して

従業員と共有するのも手段だと思います

外国人から見たら、別に綺麗な言語を望んでいる訳ではないのです

間違いを恐れずに簡単なコミュニケーションをとるようにすれば

相手に気持ちも伝わります

言語が分からないと言う事で恐れてコミュニケーションをとろうとしないのが

一番してはいけないことです

この点を踏まえながらインバウンド対策していき観光業の更なる発展を目指さなければなりません

広告リンク

広告リンク

-宿泊業事情
-, , ,

Copyright© START JOURNEY , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.