旅館業を経営する上で必要な事とはpart2

旅館事情

旅館業を経営する上で必要な事とはpart2

投稿日:

広告の出し方

 

私が働いていた旅館でも変なコンサルタントが入って一時期暴れ回っていた事があります(笑)

伊豆の旅館で隠れた名湯を持つ旅館、しかし知名度が無く広告を打ち出すことに

そのコンサルが打ち出した広告が天下の読●新聞に2面の広告を出すと

記憶では数百万円だったと思います

私がそれを知って思ったのが「無駄金」(笑)

一昔前で新聞を全家庭が読んでるようならば未だしも

ネットの時代が進んで来ていた時期にその広告はどうなんだろうと

コンサルでも無い私が思いました

その不安は的中し、その広告を見て問い合わせてきた人は数件・・・

予約に繋がったのは2件くらいかと・・・

平均客室単価が15,000円ほどでしたので仮に4名宿泊でも6万×2件の12万

数百万かけて得た利益が12万

コンサル曰く「目には見えない広告効果があり知名度は上がっているはず」との事

反応悪い広告なら反応良い広告に出してリピーター集めた方が良いだろうと思うのは私だけだろうか

目には見えない広告効果って何だよって感じですよね

 

たしかにいジワジワ効果得る広告の仕方もあるだろうけど

それは継続的にやらないといけない事だと思う

数百万の広告費を継続的にってどんだけ利益出してると思っているんだ

明らかに赤字の旅館だぞ(笑)

そんな時はいかに広告費を出さずに広告効果を上げるかを考えていかなければならないと思う

以前に書いた記事「旅館を経営する上で必要な事とは」でも書いたがSNSなどはこちらが広告費を出さなくても

勝手に広報活動をしてくれる場所なので大いに活用するべきだと思う

 

知名度を上げる

 

その後私が売上げアップの施策をしたが、当時はLINEやInstagramが現在のように多用されておらず

FacebookやTwitterはあったので私はそれを活用していった

ショップカードの様な物を作りそこにFacebookやTwitterのQRコードを貼り付けて、そこからフォローやいいねをして貰う

フォローやいいねをしてくれたお客様にはワンドリンクサービスをしたり、宿泊料金を値引きする特典を実行

 

それと同時に、楽天トラベルやじゃらんのDMやブログを活用しお客様にメルマガ発行をしたり空室案内・イベント案内を実行

楽天トラベルを利用している施設の方はご存じかも知れないが楽天トラベルには懸賞広場みたいなのがあって宿泊無料券などの懸賞を

お客様に提供出来たりする

懸賞に応募してくれたお客様のメールアドレスを保存しそのメールアドレスに向けてメルマガを送信出来るので

この懸賞広場も活用させてもらった

 

そうゆうSNSや予約サイトのオプションを有効活用する事で広告費を抑えながら広報活動が出来るのだ

実際この楽天トラベルのメルマガで2件ほど予約が入ってきた

この2件と数泊万の広告費を掛けて取った予約2件とどう差があるのだろうか

この場合だけでいけば私は相当優秀なコンサルタントになれるはずである(笑)

 

存在を知ってもらう大切さ

 

以前、楽天トラベルが主催した宿泊業界向けの勉強会に参加したとき、楽天の三木谷さんが放った言葉に衝撃を受けた

「知られていなければ存在していないのと同じ」

ごもっともだ

どんなに一生懸命やっても、どんなにお金を掛けても消費者に知られていなければ存在していないのと一緒なのだ

この言葉に対しては一瞬冷たいと思ったが、冷静に考えると全くもってその通りなのだ

いくら頑張っても頑張り方が間違っていれば消費者には届かず、消費者からしてみれば存在すら知らない商品(施設)

になってしまうのである

お客様に知られる事がまずしなければならない事です

その後に具体的なサービスやプランなどが重要になってきます

 

近年で言うところのインスタ映え・フォトジェニックなんかは「知られる」事に活用出来るツールにになっています

ただ可愛い食べ物だったり、珍しい食べ物だったりするだけで不特定多数の人が勝手に広報活動をしてくれる

ある意味分かり易いです

これを利用するだけで一瞬で行列の出来る店になる事が出来るくらい知名度が上がる時代です

その後にしっかりしたサービスが提供出来ていれば継続した知名度を得る事が出来るでしょう

 

とにかく予約が入りにくい・客室が埋まらないと言う旅館には是非知名度を上げる施策をして欲しいと思います

知名度が上がってもサービスに自信がなければそこの教育はキチンとしておきましょう

知名度が上がれば上がるほどネガティブな情報も広がり易くなってしまいますからね

スマートフォンが当たり前になった時代、みんながPCを持ち歩いていると思っても良いだろう

それだけネットの時代が当たり前になってきているのだ

そのネットを活用して広告を打つ出すのは当たり前になってきている

その為にも経営者や代表者は学んでいかなければならない

コンサルや他人の力に頼っていては吸収されたり買収されて終わりになってしまう

日本から伝わる古き良き日本の旅館を現代に合わせながら守っていって貰いたいと強く願うばかりだ

 

以下にSNSのHPのリンクを貼っておくので導入の検討をしてみるのも良いでしょう

Instagram

Facebook

Twitter

 

以下は予約サイトのHPのリンクです


YAHOO!トラベル


じゃらん


楽天トラベル


るるぶトラベル


JTB

広告リンク

広告リンク

-旅館事情
-, , , , , ,

Copyright© START JOURNEY , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.