今更聞けない民泊とは?

宿泊業のあれこれ

今更聞けない民泊とは?

投稿日:

民泊とは?

近年日本でも民泊がクローズアップされておりますが

そもそも民泊とは何なのでしょうか

簡単に言うと自宅のマンション等に宿泊させて料金を頂く行為です

ホテルや旅館に比べても料金は安く海外の人も気軽に利用出来る為、注目を浴びています

しかし料金を取り継続的に営業するとなれば、日本では【旅館業法】と言う壁が立ちはだかります(笑)

旅館業法とは宿泊施設に関する法律で、当ブログでも「 旅館とホテルの違いとは? 」で簡単に紹介しております

この法律自体70年も昔の法律なので、民泊のような事は考慮されておらず、民泊のような個人宅を貸し出すには非常に

難易度の高い条件が存在しています

 

料金を取らないのであればこの旅館業で縛られる事は無いのですが、それではただのボランティア(笑)

近年は不動産投資としてこの民泊も注目を浴びていますが、法律上簡単に民泊が出来ない現状となっています

ちゃんと申請して民泊営業をしている人の割合がどのくらいなのかとの疑惑も・・・

しかし時代の流れと2020年のオリンピックへ向け危うさを感じた政府も動き、来年の6月に民泊新法が施行されます

この新法により旅館業法とは別の条件で民泊を開始出来るようになると思います

 

この施行により反発するのが既存の宿泊施設でしょう

以前からの厳しい条件を守って宿泊施設を運営しているのに・・・と既に不満を漏らしている所もあるとか

この状況をチャンスと捉えるか、不満を漏らして終わるか

宿泊業に従事している私としては競争力が激化するのは大歓迎です

競争力が無い所が潰れて競争力がある所が生き残るのは世の常ですからね

そうする事で宿泊業も一皮剥けるのではないかと期待しております

 

新しい流れ

そして新法の施行前に以前からあった条件も変更されつつあります

その一つが「フロント」の存在です

従来の条例ではフロントを設置しないといけませんでした

ホテルや旅館でよく見るフロントスペースです

このフロント条件がある為に簡単に民泊が認めれないと言う事がありました

民泊は基本部屋貸しなのでそのスペースにフロントを設けるというのはなかなか厳しいですよね

その為、この条件を緩和する動きが出ています

条例的なものなので地域によって違ってしまいますが

 

そもそもフロント自体は最近のホテルや旅館ではあまり必要の無い物となってきました

以前はチェックインはフロントでと言うのが基本でしたが、最近はロビーや客室でチェックインをする所が増えてきました

そうゆう施設からしてみればフロントは別に無くても困らないのです

お客様からの質問などに答えるのは電話でも、ちょっとしたスペースでもあれば十分なのです

そう言った観点からも今回のフロント設置義務が緩和される事は、これからの宿泊業の新たなる一歩と言えるでしょう

民泊によって従来のホテルや旅館の形態も変わってくるかも知れません

これからはフロントのないホテルや旅館が増えてくるかもしれませんね

 

これまでに書いて来た事は民泊をする人や宿泊業の人に関わる事で

実際宿泊する人からしてみればどうでも良い事です(笑)

宿泊する人からしてみればホテルや旅館よりも価格帯が安い民泊は非常に魅力的だと思います

とは言えそんなに安いのでしょうか

結論から言うとそこまで格安と言う感じはしないです

ただ海外のお客様のように何泊もするとなればお得感はあります

 

民泊はお得なのか?

民泊で有名なのがAirbnbです

このAirbnbで提供されている部屋で見てみましょう

一部屋5,000円が大体の基本料金な感じがします

これだけを見ると安い!と思うのですがこれに清掃料金として

3,000円~6000円ほどがかかります

更にサービス料金として2000円ほどかかります

基本料金は2名ですので3名以上になると追加料金で1名1,500円くらいかかります

実際探してみると、東京駅近くで2名1泊10,000円ほどでありました

これを2泊・3泊にしていくと清掃料は変わらないので、お得感は増えます(サービス料は若干増えてきます)

 

同じ様な条件で普通のビジネスホテルを探してみると

1泊2名1室で8,000円くらいでありました・・・・ムムム(笑)

2泊・3泊と増やしていったり1部屋辺りの人数を3名・4名と増やしていくと民泊の方が安くなってきますが

そこまで激安と言った感じはありません

ただシティホテルクラスと比べると格安です

 

同じくらいの価格ならば私ならビジネスホテルを選びます

そこには付加価値の「安心感」がついてくるからです

現在の民泊は素人さんがやってる場合が多く、清掃に関しても宿泊施設ほどでは無い気がします

それにアパートやマンションでの民泊の場合、近隣住民とのトラブルがあったりしますし

そう言った事を考えるとやはり既存の宿泊施設が良いかなと思います

 

しかし、これからオリンピックに向け海外からのお客様がどんどん増えてきます

それに伴い宿泊施設が足りなくなるのは至極当然の事です

そんな時には民泊が力を発揮していきます

法整備も整っていき、これから民泊が増えていけばお客様の選択肢も増えていくでしょう

そうなると旅行というものがカスタマイズし易くなりもっと気軽に楽しめるのでは無いでしょうか

そう思うと旅行好きな自分としてはワクワクしてしまいます^^

とりあえず近々民泊を体験してみたいと思います^^

 

Airbnb

上記リンクから新規登録で¥ 3,500分のクーポン券が発行されますので

是非新規登録して皆さんも民泊を体験してみてください^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告リンク

広告リンク

-宿泊業のあれこれ
-,

Copyright© START JOURNEY , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.